コラーゲンって効果あるの?ないの?それぞれの主張を徹底比較

コラーゲンに効果が無いという主張がありますが、今回はコラーゲンには効果がある!とうお話をしていきたいと思います。

コラーゲンには効果がある!その理由とは

低分子コラーゲンで吸収を確実なものに

コラーゲンは体内に吸収されると、アミノ酸に変化してその後タンパク質になってしまいます。ですから、結果としてコラーゲンの役目を果たさないという事で、効果がないと言われてしまいます。

しかしコラーゲンを低分子化しているものであれば、体内で吸収されてからアミノ酸に分解されずに、コラーゲンのまま吸収できるということが分かっています。低分子化されたコラーゲンは、通常サイズの1000分の1という大きさなので、吸収率が高くなるのも頷けます。

コラーゲンは全てがアミノ酸になるわけではない

体内に吸収されたコラーゲンはアミノ酸になってしまうという話をしましたが、実は全てがアミノ酸になるわけではありません。

コラーゲンの一部はアミノ酸にならずに「コラーゲンペプチド」という状態になって、吸収されていく事が分かったのです。

コラーゲンペプチドは、コラーゲンとして働くのではなく「間接的」に、コラーゲンやヒアルロン酸などの生成を促す作用があります。血液の中にコラーゲンペプチドが入っていくと、線維芽細胞を増やす事ができます。線維芽細胞はコラーゲンの生成を行う細胞なので、間接的にコラーゲン生成に作用してくれるのです。

様々な実験結果

テレビ番組や雑誌などでは、コラーゲンドリンクなどの実験を行うことがあります。多くの実験結果をみると、コラーゲンの効果を実感できているという結果が出ています。

肌に対して、ハリが増した・シワが減った・コラーゲン量が増えたという結果などが見られます。コラーゲンの摂取方法や摂取量などによっても、結果は変わってくる可能性はあります。

しかし実際に販売されているコラーゲンドリンクやサプリメントなどで、こういった結果が出ているという事を考えると、コラーゲンの効果はあると考えていいのではないでしょうか?

コラーゲンには効果が無い!理由とは?

なぜコラーゲンに効果が無いといわれているのか?その理由を、徹底分析していきたいと思います。

アミノ酸が分解される

コラーゲンというのはタンパク質の1種で、口から摂取すると体内で吸収される際に、アミノ酸に分解されます。そして、その一部がまた再合成されてコラーゲンとして働きます。

コラーゲンは体内でタンパク質として扱われ、アミノ酸に分解されるのだから、わざわざコラーゲンを摂る必要は無い。タンパク質さえ十分に摂取していれば、コラーゲンは意味が無い。というのが、コラーゲンには効果がないと言われる理由です。

コラーゲンはゼラチンだった

コラーゲンというのは人間の体の中に存在している成分です。サプリメントやドリンクとして販売されているコラーゲンは、人間の体の中にあるコラーゲンとは別ものだから、効果は無いという主張もあります。

体内のコラーゲンは線維芽細胞によって、生成されています。サプリメントやドリンクのコラーゲンは、線維が切断された状態の「変性コラーゲン」が使われていることがあります。(変性コラーゲンというのは、豚や牛の骨、魚の鱗や皮などから抽出されるコラーゲンです。)

コラーゲンがゼラチンだという話は、市販されているコラーゲン商品に使用されている成分が、「変性コラーゲン」だった場合には、効果がないと考えられているということです。

どこにどんな効果があるか不明

コラーゲンは体の中で、様々な役割を与えられています。肌、骨などで活躍する成分なので、体内にコラーゲンが吸収されても、ピンポイントで肌に効果を得ることは難しいと考えられています。

サプリメントやドリンクでコラーゲンを摂取しても、そのコラーゲンがどこに作用するのか分からないという点が、コラーゲンには効果がないと言われるポイントでもあります。

まとめ

コラーゲンに効果がない!という考えは、上記のような3つのポイントが関係しているという事がわかります。ただ、コラーゲンの種類や摂取方法などによっては、効果が期待できる事も十分にあります。むしろ、コラーゲンの効果は無い!という考えの方が少ないと言ってもいいかと思います。

効果がなければこれほどまでに話題を呼ぶことはありませんし、使用する人もいないのが現実だと思います。